「創業35年!愛知県北名古屋市の鈑金塗装・事故修理・保険修理の専門店」
















































常務丸山のLINE
ID 08043095968





常務丸山のインスタ





常務丸山のFB




常務丸山のYOUTUBE

























.






  実は修理を依頼して、知らないうちに愛車が、修復歴=事故歴 のある車になっていた!
 
  なんて事が考えられるのです。 あなたの車は大丈夫ですか?

  ディーラーも修理工場も、先に言ってくれない可能性がありますので、注意が必要です。

  当社では、修復歴=事故歴 のある車になる、ならないなど修理に入る前に必ずご説明するようにしています。




   当社は、中古車の仕入れ・販売を、全国のオークションから、30年以上に渡って、営業販売も
  している会社です。 

  中古車のオークションと言うのは、事故歴・修復歴という査定が顕著に取り上げられていて、
  大きく線引きされるキーワードになります。
  
  では一体、どのような、車が修復歴、事故歴にされてしまうのか? 
  
  他の鈑金塗装会社・ディーラーよりも、当社では、経験の数が違います。


  パット見の外装は綺麗に直っているのに、修理方法で・・・・ 

  「損してしまった!」 と、ならないように。しっかりと修復歴、事故歴を勉強していって下さい。


  




















   この修復歴車の基準は1997年に自動車公正取引協議会日本自動車査定協会

   ・日本中古自動車販売協会連合会自動車販売協会連合会が中心になって定められました。

   修復歴車は事故歴の有無に関わらず、骨格(フレーム)部の交換・修復(修正・補修)した車両の

   ことを指します。




   

         ①フレーム (サイドメンバー)

②フロントクロスメンバー

③フロントインサイドパネル      

④ピラー

⑤ダッシュパネル

            ⑥ルーフパネル

⑦ルームフロアパネル

⑧トランクフロアパネル

⑨ラジエータコアサポート      




   ①〜⑧の骨格・フレーム部に損傷があるものや、修理した跡があるものは修復歴になります。

   (ボルト部分は骨格に含まれません)

   ②と⑨は交換されていて、隣接するフレーム部に「凹み・曲がり」や修理の跡があるものが

   修復歴となります。

   また、一部の車種は②と⑨の交換は、修復歴にならない作りの車種もあります。








  注意点です!

   基本的に、ボディから外側の、ネジで交換できる部分は、修理・交換しても修復歴車には該当しません。


   上の図での箇所以外の、全ての部品を修復・交換しても修復歴にはならないということです。

   また、上記の箇所を修復しなければいけない状態なのに、修復されていない車はNGです。





  修復歴車に該当しない例

   骨格部がらボルトで外れるものは交換しても修復歴にはなりません。

  • エンジンの交換・載せ替え
  • バンパー・フロントフェンダーの交換
  • ドアの交換
  • ボディの全塗装・部分塗装・カスタムペイント



































今回ご紹介するのは、フランス車、ルノー カングーとなります。

左リヤドア、左リヤフェンダーに損傷があり、傷や凹みで、リヤフェンダーが大きく凹んでいます。

リヤドアの方は板金でまったく問題なく、修理可能ですが、リヤフェンダーは、プレスラインが潰れ、

板金で修理できるか、どうかが微妙な感じと思われがちです。

交換にすると事故車扱いになってしまいますので、なんとかここは、鈑金で作業をしていきたい所です。









修復歴のある車になる前に!

ドア部分は、ネジを外して交換できる所なので、大丈夫なのですが、問題は、このリアフェンダー。

先で説明した通り、リアフェンダーはボディの一部となるので、この部分を下手に触ると、事故車、修復歴車という定義に

引っかってきます。



ディーラーであれば、リヤフェンダーは間違いなく切り取って交換されるので、修復歴のある車になってしまう所です。

というか、既にこのお客様はディーラーで見積りを取って来られておりましたが、切開交換の見積りを突きつけられておりました。 


もちろん、お車の価値が下がってしまうことから、当社では鈑金でのご修理をご提案させて頂きました。


修復歴のある車になってしまうと、車の価値が下がり、売る時の査定価格が下がってしまいます。



当社からすれば、これだけの損傷で車の価値が下がってしまうのは悲しい事ですので、なんとか鈑金での作業を検討し、

ご提案させて頂き、作業をお受けいたしました。































リヤドアの鈑金修理


リヤドアの鈑金修理はそんなに大きな損傷ではありませんでしたので、そんなに時間のかかるような大変は修理ではなかったです。

しかし、小さい凹みでも気を抜いてしまうと、大きく凹みが広がってしまう事がありますので、気が抜けません。







リヤフェンダーの鈑金修理


リヤフェンダーは、かなり中の方まで凹んでいましたので、じっくりと時間をかけて板金いたしました。

急激に引っ張り出すと最終的な形に影響がでますので、しっかりと作業いたしました。先ほどもお伝えした通りにリヤフェンダーを
交換にすると事故車扱いになってしまいますので、なんとか鈑金修理で元どおりになって良かったです。




修復歴にならないコツ

ディーラーにお願いする場合には、
  
「修復歴になってしまいますよ!」
なんてアドバイスはないと思いますので、

ご自身で「これって修復歴になってしまうの?」と修理依頼の前にお聞きになるのが良いです。







付属品の脱着

リヤドアとリヤフェンダーを鈑金塗装をする為に邪魔になってしまうと思われる部品は、脱着して作業していきます。

例えば、アウターハンドル(ドアを開ける取っ手)を脱着せずに塗装すると、そこの際が汚くなってしまう事が可能性としてありますので、

その可能性を少しでも小さくするように脱着した方が良い部品、簡単に脱着できる部品は脱着して作業に入っていきます。




















板金修理の後にはパテをつけて削って、厚みのある塗膜分をパテで作り出していきます。

最終的な完璧な形を作りだして行くのですが、このパテにも段階があります。

  • 鈑金パテ
  • ポリパテ
  • 仕上げ サフェーサー

大きく分けて3段階に分かれます。鈑金パテが一番粗いパテで、 仕上げサフェーサーが、一番細かいパテとなります。

用途、その時のあ客様の予算によってパテも、使い訳が必要となってきます。





























特に輸入車の塗装は、データが非常に乏しく、自分たちの経験と勘で、作り出さなければならない事が多く、

熟練の塗装職人でないと、色を作り出す事ができません。

この作業が実に、難しい!!!

他店で、輸入車の板金塗装を断わられる大きな理由の一つなのです。


色と言うのは、メーカーに注文して、作られてくるものではありません。 写真のように自分達の手で1台1台、作り出されるのです。

これは、ディーラーの工場でも、全く同じ作業をしています。 ディーラーだからと言って、メーカーからの色は用意されている訳じゃ
ないいんですよ。 

まさに、職人技!!  経験と実績がモノを言う作業になってくるんですよね。

今回、塗装シーンの写真を撮り忘れてしまったので、違う車の塗装風景を代用させて頂きました。






































見て下さい。 左リアフェンダー、左スライドドアが新車並に綺麗に仕上がりました。

色もさる事ながら、プレスラインも見て下さい。 しっかりと出ているでしょ?

このプレスラインも、きちんと出せるかどうかも腕も見せ所です。

しばしば、ディーラーの鈑金で、あまりラインが綺麗に出ておらず、当社にやり直し依頼の電話が入る事がありますね。
そう言った所も、注意深く見てくださいね。

このような作業をさせていただくと、丸山自動車が存在している意味があるのだと感じる事ができます。

お客様の笑顔が見れるような作業を心がけて、日々精進しないといけないのだなとまた改めて感じる事ができました。





























どうしても、叩き出しで復元するのが、困難な損傷もあります。  それがこちらの、車です。
 
こちらのようにクォータパネルを切り取ってしまいます。

できないモノは当社でも、どうしてもあります。すいません。 

ですが、できる限り、切り取らないようにして、手間と、時間をかけて叩き出すようには心掛けています。




ディーラーでは、叩き出して鈑金するよりも、切り取って交換する方が、簡単で、完成が早い場合が非常に多いので、

採算重視・予算重視で、すぐに切り取ってしまうんですね。 

もちろん、叩き出す鈑金の方が技術がいりますので、そのような技術を持ち合わせている、工場でないと、

あっというまに、切り取ってしまいます!!!

当然、 のちのちの、ユーザー様が、下取りとして転売する時の事など、一切、考えてはいません。





当社では、このように、切り取って交換して溶接する場合は、充分にお客様に説明をしてから

作業に入らさせて頂きます。


































次に、ご紹介するのは、国産車のアクアになります。

あきらかに、追突して、全体的に変形しているので、修復歴になるでしょう!って思われるかもしれません。

でも、そこまでは、押されていないので、当社の技術で何とかならないものか。

追突事故を起こしたので、ボンネット、フロントバンパー、左ヘッドライトは完全に使い物になりません。

左フロントフェンダーは、全体的に おかしいですが、何とか使えそうです。

この様子では、間違いなくフレームは損傷しています。 

フレームを交換にすると事故車扱いになってしまいますので、なんとかここは、鈑金で作業をしていきたい所です。
































こちらは、車種こそ違いますが、フロント周りの板金の様子の一部になります。 
少しずつ少しずつ、調整していきます。細いフレームなどは、 それこそ、少しでも
奇麗に直すために、道具を使わずに、手で引き出したり、体重を乗せて鈑金もします。笑






フロントバンパー、  ボンネット、  左ヘッドは、 交換


この3パーツに関しては、今回、ネジで取り外しができますので、リサイクルパーツと交換という形になります。

ですので、そのパーツを取り外し、フロントのフレームがむき出しの状態にした所になります。

みなさん、あまりこんな状態をお目にかかれないんじゃないでしょうか?

このお車は、トヨタアクアになりますが、 コンパクトカーサイズのフロント部分のフレームになると、このような感じで
作られています。

パット見、どこのフレームが損傷しているのか、分かりにくいですが、押されて変形しておりました。

左フェンダーは、鈑金で修理となりました。






















大きく、フレームと言っても、様々なパーツで溶接され構成されています。 
ここでは、フロント事故で主に損傷するであろうパーツを
ご紹介したいと思います。









ここはラジエーターサポート アッパー。
まず、ネジで交換できるフレームになりますので、うまい具合に、ここだけの損傷なら、
奇麗に塗装して交換すれば、修復歴にならないでしょうね。

ボンネットを支えてロックする所が中心にあり、フロントバンパーのアッパー部分を支えています。




ここは、左のラジエターサポート。 
主に、ヘッドライトを支えています。ぶつかると、すぐに簡単に曲がってしまいますね。
ここは溶接されています。





ここは、左フロントフェンダ エプロン エクステンション。
主にフェンダーの下側を支えています。
こんな小さなパーツですが、溶接されていますので、ここを軽く損傷するだけで、
修理の状態が悪いと、すぐに修復歴になります。





ここは、左フェンダーエプロン。
分かりにくいですが、主に、フロントの足回りを支えるフレームになります。






ここは左ラジエ―タサポート トゥークロスメンバー
最近の車では、ここの箇所もネジで交換できるフレームも出てきました。で
も、このアクアは溶接されています。
ラジエータや、コンデンサと言った、機関を支える場所でもありますね。



ここは 左フロントサイドメンバー。
ここは、フロントのメインのフレームになります。左右2本ありまして、
まさに車の中心を通っているフレームになります。
このフレームを中心にエンジンが乗っていたり、足回りが付いているんです。
事故衝撃が強いと、ここのフレームが、がっつり曲がってしまいます。




























こちらが完成したエンジンルーム内。
今回、このアクアは、フレームを切ったり、交換したり、溶接したりはしていません。
確かに、 軽めの事故と言えばそれまでですが、 これ以上酷かったりすると、
どうしても修復歴は避けられないモノとなってきます。




塗装の風合いも、フレーム用に、艶や色を合わせて塗装しました。
転売の時に、いかに次の購入者の査定の評価を良くするのか?  そこに全てを掛けています。








フェンダーのネジの位置も、鈑金前と変わらないように同じ位置で取り付け、
ネジの頭も、綺麗に塗装しました。


塗装に関しても、外装と、フレームでは、微妙に違ってきています。
当社では、フレームの塗装に関しても、同じような風合いで塗装し、純正塗装と変わらない感じで
仕上げています。

ツヤ、色味等でも随分、違うものです。 

いかに、純正のような風合いに戻せるのか!!!  それが腕の見せ所です。


























なんだか大変な作業だと少しお判り頂けるのではないでしょうか?

簡単に言えば、切った貼ったをすると基本的には全て修復歴ありと認定されてしまいます。

なんとか修復歴にならないように作業を考えるのが、私たち丸山自動車の思いです。



なんでもお気軽にご相談頂けると嬉しく思います。















































































ツイッターの動画再生は  「パソコン OS Windows7以前の Internet Explorer」 は見れません。 safari、クローム等のブラウザで再生して下さい。


   

















































住所 愛知県北名古屋市沖村沖浦95-2


会社固定電話  0568-23-2427   
     
常務直通携帯  080-4309-5968       

解りやすい大きなMAPへ → 


会社固定メール info@carshop-maruyama.com 


常務直通メール carshopmaruyama@gmail.com




































 傷凹み、事故修理で、修理前の見積りを希望される方への注意点



基本、国産車・輸入車の見積りは、ほぼ無料 <下記に条件有り>ですので、いつでもご来店して下さい。 



尚、一部の車種、事故状態の重症さに限り、見積り料が発生する場合がありますので、その場合は、事前にお知らせします。

また、法人系のお車、特に会社から車を借りている営業車の見積りも、有料になる事がありますので、事前にお知らせします。


出張見積りは有料となったり、お断りさせて貰う時もあります。
 


自走不能状態で、どうしても当社に持って来れないお客様は、できるだけ事故車両の写真を多く撮って頂き

メールフォームや、LINEから、できるだけたくさんの写真を送って下さい。





あと、自動車関係の同業者さんによる、事故修理の仕事依頼は、一切受け付けていません。  

特に、中古車販売店の中古車の補修作業。 自分の会社の顧客さんの事故修理下請け依頼等、受け付けません。

保険の個人代理店等の方で、仕事を紹介して、中間マージンを抜くようなやり方の同業者さんも、受け付けません。

ご注意下さい。


丸山自動車は、自社のお客様を1台1台、しっかり真剣に向き合っていますので、他社をサポートする余裕がありません。







既に他社で鈑金塗装をされて、当社に再修理を依頼されようと考えている方へ



「他社の工場で修理したが、奇麗に直っていない、チリがおかしい、塗装の色が合っていない、異音がする等」

他社で作業された、鈑金塗装のクレームの、やり直し依頼は、当社は、一切 受け付けしません。 

必ず、責任を持たせて、その作業をやらせた業者に、再修理をさせるようにお願いします。

また、そのような、他社で作業された再修理の電話相談、メール相談なども、一切受け付けていませんので、ご注意下さい。

丸山自動車は、自社のお客様を1台1台、しっかり真剣に向き合っていますので、他社をサポートする余裕がありません。








  代車の注意事項



ほとんどの傷凹み、事故修理に当てはまる お客様には 「無料」 で、貸出してはおります!

が、しかし、中には、無料で貸し出せないケースもありまして 、条件と、場合によっては貸し出しは、1日4000円の有料
または、「当社の過去の経験から判断」で、貸し出しは、お断りさせて頂く お客様もいます。


更に、別条件として、部品代を除く、工賃が1万円以下
の修理・鈑金に貸し出す代車も、1日、4000円かかります。 
代車有料の方は納期は出来る限り、早く終わらせる努力はしますが、1日で仕上げる保証はできません。
 
代車も数に限りがございますので、誠に勝手ながらどうかお許し下さい。






その他、代車の注意事項


お客様に、どの代車を貸し出すかは、当社の方で独断で決めます。
お客様は、基本、選ぶ事が出来ません!ですが 、「自動車保険」 を使っての板金修理の方は、なるべく、好条件の
代車を貸し出すように努力しております。

万が一の事故に関しては、当社の代車全て、任意保険に加入しておりますが、まず優先的に、
お客様の保険 「他社運転特約」 等を適用させてもらいます。

そして、当社の代車の保険の内容は、対人保険のみです。 ご注意下さい。
車両保険に関しては、加入していない車が大多数ですので、自損事故の場合、すべて実費負担となります。


尚、自動車保険事故の扱いで貸し出す、 「わナンバー」 のレンタカー代車は、上記で貸し出す代車内容とは、一切異なりますので、
詳しい内容は、担当の常務丸山に直接お尋ね下さい。

   
これを見た自動車損保関係の会社の人間や、加害者側の人間は、上記の代車と、「わナンバー代車」 を勝手に混同して
解釈しないように!厳重注意しておきます。




























★ トップページへ

★ キズ・へこみ・事故料金表

★ 事故修理責任者 常務丸山挨拶



★ 知らないと怖い、修復歴とは?


★ 丸山自動車の板金塗装とは?


★ 良い鈑金塗装工場の選び方

★ 作業実演動画公開


★ 保険が使えない・全損と言われて、
   修理が進まないと、お困りの方。



★ 自動車保険・保険修理について


★ 当社紹介・会社概要

★ 職人スタッフ紹介


★ 工場案内・設備紹介

★ 求人募集


★ 常務丸山将宏のアメーバブログ

★ メールフォームで、お問い合わせ


★ 中古パーツを使った修理


★ 自動車の各種ガラス交換

★ 塗装なしの鈑金、デントリペア

★ ボディ コーティング


★ ホイール補修塗装


★ ヘッドライトレンズコーティング
★ シート内装・革リペア



★ カスタム・ドレスアップ例 1
★ カスタム・ドレスアップ例 2

★ カスタム・ドレスアップ例 3



★ 全塗装・オールペン例 1
★ 全塗装・オールペン例 2
★ 全塗装・オールペン例 3
★ 全塗装・オールペン例 4
★ 全塗装・オールペン例 5

★ 全塗装・オールペン例 6


★ メカニック・・整備・専門
         ホームページへ

< 国産車 事故修理例 >

★ レクサス 修理例 1
★ レクサス 修理例 2

★ トヨタ 修理例 1
★ トヨタ 修理例 2
★ トヨタ 修理例 3
★ トヨタ 修理例 4
★ トヨタ 修理例 5
★ トヨタ 修理例 6


★ ニッサン 修理例 1
★ ニッサン 修理例 2
★ ニッサン 修理例 3

★ ホンダ 修理例 1
★ ホンダ 修理例 2

★ マツダ 修理例 1
★ マツダ 修理例 2

★ ダイハツ 修理例 1
★ ダイハツ 修理例 2

★ スズキ 修理例 1
★ スズキ 修理例 2

★ スバル 修理例 1
★ スバル 修理例 2


★ ミツビシ 修理例 1

★ その他 車種 修理例







< 輸入車 事故修理例 >

★ メルセデスベンツ 修理例 1
★ メルセデスベンツ 修理例 2

★ アウディ 修理例 1

★ アウディ 修理例 2

★ フォルクス ワーゲン 修理例 1
★ フォルクス ワーゲン 修理例 2

★ BMW 修理例 1
★ BMW 修理例 2

★ BMW MINI  修理例
★ ポルシェ  修理例

★ ルノー   修理例
★ プジョー  修理例

★ シトロエン 修理例
★ ジャガー 修理例

★ ランドローバー&ロータス 修理例
★ ベントレー 修理例

★ ボルボ 修理例
 
★ テスラ 修理例
★ アメ車 全車種 修理例

★ フィアット&アバルト 修理例

★ アルファロメオ 修理例 1
★ アルファロメオ 修理例 2


★ フェラーリ 修理例

★ マセラティ 修理例














名古屋市(北区、守山区、中区、中村区、西区、東区、千種区、名東区、熱田区、昭和区、天白区、中川区、
瑞穂区、緑区、港区、南区)津島市、愛西市、弥富市、蟹江町、一宮市、稲沢市 、清須市、北名古屋市、
春日井市、犬山市、江南市、小牧市、岩倉市、瀬戸市、尾張旭市、豊明市、日進市、長久手市、四日市市
半田市、常滑市、東海市、大府市、知多市、 豊田市、三好町、 岡崎市、碧南市、刈谷市、鈴鹿市、
安城市、知立市、高浜市、西尾市、新城市、豊川市、蒲郡市、豊橋市、田原市、恵那市、大垣市、津市、
海津市、各務原市、可児市、岐阜市、郡上市、下呂市、関市、多治見市、土岐市、桑名市
中津川市、羽島市、瑞穂市、美濃加茂市、美濃市、本巣市、山県市、伊賀市、いなべ市、





中古車販売、注文販売・車検・事故修理・メカニック・様々な愛車に関するお問い合わせは全て、丸山自動車へ
TEL:0568-23-2427      E-mail:info@carshop-maruyama.comまで
Copyright (C) 2008-2018     Total Carshop Maruyama- All Rights Reserved.

今日sweet candy 無料カウンタ      昨日sweet candy 無料カウンタ     合計sweet candy 無料カウンタ