「創業35年!愛知県北名古屋市の鈑金塗装・事故修理・保険修理の専門店」

















常務丸山のLINE
ID 08043095968





常務丸山のインスタ





常務丸山のFB




常務丸山のYOUTUBE

























タイトルにありますように、このページを作った訳は・・・
 
それは、大きな自動車事故を起こしてしまい、でも、 自分のマイカーをどうしても直したい!
まだ乗り続けたい!廃車にはしたくないという方達
が、非常に多くて、しかし、知識・交渉力が無いがゆえに、
マイカーを、手放さないといけないという方々の、相談を多く受けてきたからです。
  

それ以外の方達・・・・直さずに車を買い換える・廃車にしても構わないという方は、多少、意味合いが少し変わって
くるかもしれません。もちろん、そのような方にも、そちらはそちらで、アドバイスはできますので、今回のこのページは
違った観点から、お読み頂き、よく頭に入れておいてください。


自分の大事なマイカーが直せずに困っている!ローンも残って困っている!という方は、是非とも、このアドバイスを見て
ご連絡下さい。


さて、そもそも、自動車事故というのは、いつ遭遇するかわかりません。 ましてや、人生のうちで、そう何回もある訳でも
ありません。実際、事故をしてしまったら? どのような流れになるのか?どうすればいいのか?どう対処すれば良いのか
本当に解りにくいのです。
  

事故をして、きちんとフルに充実した内容 <対人、対物、車両保険フルカバータイプ> の保険に入っていれば、
おおよそ、解決はできます。 おおよそはです。

ですが、自動車オーナーのみなさんが全員、 そんな高いフルカバータイプの保険に加入しているいる訳では、ありま
せんよね。 保険の掛け金が違いますから、言うまでもないですね。 
車両保険を除いた、最低限の対人・対物保険しか掛けられていない人達も、大きく割合を占めているのも現状です。 

この掛け方をされている人達が、1番の問題が発生してきます。 
  
そこで、それらを大きく分けますと、まず自分のマイカーが、保険で直せない理由として、だいたい2通りに、
ほぼ2パターンに断定できます。  まずはその、お話しを知って頂く事になります。




① 過失割合が、双方にある事故

自動車事故というのは相手がいる場合の事故は、そのほとんどが両車が動いています。動いているという事は、お互い過失が
発生します。この双方の、過失割合こそが、大きく揉める要因の一つです。 


交通事故の過失割合はどのように決まるのでしょうか?何の根拠もなく保険会社同士の言い値で決まるわけではもちろん
ありません。一言で言ってしまえば、その「交通事故の状況」を「過去の判例等」に照らし合わせて決めているということに
なります。それではその過去の判例とやらを一般の人が確認する方法はというと、本屋さんに行くとその手の本はたくさん
出版されています。


代表的なものを挙げておくと、判例タイムズ社の「別冊判例タイムズ 民事交通訴訟における過失相殺率の認定基準」が
ありますので参考にしてください。

事故状況による基本過失割合が掲載されています。但しそれで決定ではなく基本過失割合はあくまで基本です。 
これに修正要素が関係してきます。
  

例えば基本の過失割合は70%対30%だとしても、その交通事故の個別の状況(一時停止しなかった、ウインカーを
出さなかった、徐行しなかった、などなど)によって過失割合を80%対20%などといった 何%か増額(あるいは減額)
するわけです。


 しかし!ここがいわゆる 「揉める」 というやつが発生するのです。
  

自分はちゃんと一時停止したのに相手が一時停止しなかったと言っているとか、認識している状況が異なると主張も
異なるということです。 事故現場では、過失を認めていた相手なのに、1日経ったら、まるっきり証言が、ひっくり返って
いたり・・・ 本当にまぁ、びっくりな事ばかり起こります。 当然といえば当然ですよね、事故をした時点でトラブルが
発している訳ですから、すんなり解決する方が、不思議なくらいです。 


では、過失が決まらないと、どういう事が起きるのか?
ここからが、みなさんが愛車を修理出来ない原因の一つ目なのです。
過失が決まらない事には、自分の愛車を、すぐに修理する事が出来ません。 どうしてか?
 

具体的に言うと、まず自分の車の修理費を相手の保険で、何割の過失分の保険金が下りてきて、残りの過失分を、いくら
自費で立て替えなければ、いけないのかと言う問題が発生します。
と、同時に、相手の車の修理費はいくらで、自分も相手に過失分の修理代を払ってはあげなければいけないので、2重の
支払い請求が発生するからです。  
  

おまけに、破損した車の状況を、車屋に見せて、直るせるのかどうか?更には正確な見積もりまで出してもらわなければ
いけません。 しかも、その愛車が、まだ自走できれば良いのですが、もし自走できないレベルですと最悪です。 
過失は決まらないわ、普段の足もなくなってしまうわ、おまけに修理も進められないわ、泣くにも泣けません。 
 

車両保険に加入しておらず、お互い過失がある事故って、揉めると数ヶ月に渡って示談が決着しません。 
ひどい場合ですと、当社のお客様で、事故発生日から2年上経っているのに、まだ解決していない方もみえます。 
びっくりしますよね。もちろん、その間は、代替代車も出ませんし、お金も1円も下りてくる事はありません。
  

これは非常に難しい問題です。では、頼りの自分の保険屋に任せても、実際に、その人間達が相談に乗ってくれるのは、
金銭面の流れ・ありきたりな過失割合を教えてくれるだけ。 いくら自分の保険会社だからと言って、丸山自動車のように
マニュアル以外の事をアドバイスをする損保会社はまずありません。 何故かって?そんな親身になってアドバイスを
しようものなら、自身の損保会社も大きく損をしてしまうからです。
  

そこまで事故の過失、修理に関してシビアに相談に乗ってくれる損保会社を、まず期待できないでしょう。
きっと、これを読んでいる読者のみなさんも、大きくうなずいているんじゃないでしょうか? 
損保の人間に適当にあしらわれ、苦い思い・複雑な思いをされた方もおられるはずです。 





② 次に、「全損」 といわれる事故

先ほど、車両保険に加入している人は、おおよそすんなり解決すると書いていましたが・・・

車両保険に加入していても、少しずつマイカーが古くなって来ると、車両保険上限金額の設定が低く加入させられて
いきます。 いざ大きめの事故をすると修理代が、その上限金額を上回る事になり、そうなると、「全損」 という扱いに
されるのです。 この全損という事があまり知られていません。 保険会社は修理代を限度額以上、出してくれません。
  

おまけに、その上限金額を払う事になると、マイカーの所有権が、保険会社に渡ってしまい、破損したマイカーは取り上げ
られてしまいます。 それは保険約款に、しっかり盛り込まれていますので、知識がないと言われたままになります。
  
そこだけ例を挙げても、当社では、何台も取り上げられるのを、未然に防いできました。
 
修理金額は足りないわ、車は取り上げられてしまうわ、もう踏んだり蹴ったりです。
  
仮に、全損金額を貰って、マイカーを手放してしまったら、すぐに日にちを空けずに、段取り良く、次の車を購入できる
って訳ではないですから・・・
  






あとはオカマを掘られたり、停車中にぶつけられたりという、完全な、もらい事故のケース!
  
100%対0%のような事故でも、同じような全損というのが発生します。 
マイカーの価値が低いと、もらい事故をされたにも関わらず、相手保険会社は、当然かのように全損までの金額しか、
修理代を払おうとしません。 これが、かなりの強気です。





  【よくある保険会社の事故担当者の話法】

・全損なので時価額しか支払えません。
・古い車なので全損価格は、新車価格の10%です。それしか支払えない。
・全損になると、その間の代車費用は2週間までしか出せません。
・レッドブックという資料で時価額、全損額は決められています。
・修理するのはご自由ですが、時価額との差額は負担してください。
・買換えの諸費用は支払えません。いずれ車は買換えるのですから。
・納得できないなら裁判は、ご自由にしてください。



上記のような、腹が立つ事は、必ずと言っていいほど、どれか一つは言われます。 被害者の立場から考えると、
「全損なので時価額を上回る修理代は払えません。」 といった主張は、 保険会社内の論理と思われがちですけど、
裁判でも確立している考え方のため、修理代を要求するのは、時間の無駄です


また、よく被害者の方が「そんなお金では車が買えないから、同じ車をもってこい!」と、金銭賠償ではなく、現物賠償を
求めることがありますが、損害賠償の方法は 「金銭賠償」 とされているため、これも認められないのです。








  
以上、2通りの事を踏まえてさせて頂きまして、

丸山自動車の、事故修理鈑金塗装職人 兼 保険屋との示談交渉責任者でもある常務丸山は、たくさんの訳あり事故車を
修理し、保険屋や、加害者との示談の話し合いを解決していくうちに、様々な手法を身につけてきました。 
そして、泣き寝入り状態で、ワラをもすがる思いで、当社を頼られてきた、お客様を何人も救ってきました。
  
常務丸山のブログを検索で見つけられて、その内容に共感され、遠くは京都や、奈良、大阪、静岡、兵庫のお客様も
救済したこともありました。 
  

結局、結論を先に言ってしまえば・・・修理総額がどこまでかかって、どこまでをお客様自費負担で払わなければ
いけないのか? 払わなくていいのか?が、大きな争点になります。 
  
修理をしてくれる自動車修理工場が、いかに限られた金額・予算の中で、どこまで信用できて、どこまできちんと
直してくれるかがポイントとなってきます。

 

・頼る所がなく、保険会社に誘導させられた鈑金工場に入れざる負えなかったお客様。
・修理と言ったら、ディーラーしか知らないお客様。

  

間違いです。大きな間違いです。 



保険会社の誘導する鈑金屋なんて、保険屋の手先のような会社です。まず融通など聞いてはくれません。
ディーラーなんてものは、全損近い内容の事故だと、新車を売りつけるのに必死になり、修理の話しなど聞く耳を持って
れません。 そりゃそうです、ディーラーは新車、中古車を売ったほうが、儲かりますからね。


では、丸山自動車はどうなの? そうです。 当社は違います。 
  
鈑金塗装での専門一筋の技術、そして 毎日と言っていいほど、保険会社の事故担当と示談してきている、この交渉力!
当社は、直す事を専門としている車屋です。 直したいお客様には、とことん話しを聞き入ります。

当然、作業例でも見てもらえた通り、他社とは違う高い技術力、鈑金力があります。 
無駄に部品交換ばかりせず、使えるものは鈑金して再利用し、リサイクルパーツを使用したりして、総額の見積もりを
押さえ、直しきっていったりする事が出来るからです。 

マイカーを元の状態に戻して手元に返してあげるのが、修理専門の僕らしか出来ない使命だと思っています。



今まで、過去のお客様の例を書きたいのですが、複雑過ぎるのもありますし、一つ一つ、金額も打ち合わせをしなければ、
お引き受けできないケースも多々ありましたので、ここでは、簡単にしか書き込めません。 
  
本当に困っているのでしたら、丸山自動車の常務丸山を、尋ねてみて下さい。 アドバイスの量、技術の量が違います。


  
ネット上では、そこまでこと細かく書けませんが、





下記の修理車両は、お互い動いている事故で、過失がある事故。 
ちなみに、こちらのお客様は全て過失があるにも関わらず、当社のテクニックで、一切、お客様から、お金を貰わずに
相手の保険のみで修理してしまいました。



下記の修理車両が、車両保険の案件でしたが、保険会社から全損と言われ、廃車といわれてきたお車達がこれです。
全て直しました。 詳しい完成写真は、鈑金塗装例からどうぞ。


とりあえず、こんな、うまい話ばかり書いているのだから、なんでもかんでも救済できるのか?と言われれば、確かに、
相談されたお客様、全員救えている訳ではありません。 お客様の、その時の事故状況、過失割合、自分の車を今後、
どうしていきたいのかによって、 様々なバランス・兼ね合いで、出来ない、直せない場合も、絶対にあるからです。





  
当社でも、修理が不可能と言われたお客様・・・・希望に叶わなかったお客様・・・・


ですが、それはそれとして、第3者として・その道のプロの見解としての話しを聞かせ、諦めなけばいけない案件は、
早期に諦めさせる事も、当社の役目だと思っているのです。

無駄にあがいて・もがいて、余分な体力、精神力を使わせる前に、先に伝えたアドバイス、前例等を、どんどん伝えていき、
そうして、新しい発想力、決断力、判断力、断捨離等が、被害者のお客様の中に生まれたら幸いだと思っております。
  
いつまでも悩まなくて済みますしね。 事故での、イライラ感は相当ストレスが募ると思います。





















損保の担当者は、交通事故のプロだけあってスピーディに問題を処理してくれますが、「玄人vs素人」という構図だけに、
なかには知識量の差を見せつけて丸め込もうとしてくる者もいます。

専門用語や数字を多用して煙に巻いたり、冷たい態度でこちらの主張に一切耳を貸さなかったりと、被害者にしてみれば
腸が煮えくり返る思いがします。腹に据えかねて反論すると、

「納得できないなら裁判を起こしてください」 などと言い放つ始末。

本当に納得できないなら争うべきだと思いますが、日々の生活もあるなかで、お金も時間もかかる裁判なんて
誰もやりたくありません。相手はそれを理解したうえで発言しており、これは脅しであり駆け引きでもあります。



  悪質な担当者をやっつける交渉術  


1.お客様相談室にクレームの電話をする!

こちらが無茶な要求をしていないにもかかわらず、終始こんな態度を崩さない担当者に当たったら、
一旦、交渉するのを止めましょう。というのも、示談代行というのは、被害者が保険会社に
「(加害者ではなく)あなたでいいですよ」と 同意して初めて成立するものなのです。

したがって一旦は拒絶! ただ、そのまま放っておいてもいたずらに時間が過ぎるだけなので、
「悪質な担当者の態度を改めさせる」または「交代させる」ことを目的に、社内の人間から注意してもらえるよう
働きかけます。

手っ取り早いのは、保険会社が設けている『お客様相談室』や『お客様サポートセンター』など、顧客からの苦情や
要望をヒアリングする部署に電話をかけ、恨みつらみをつらつらと並べ立てることです。あまり感情的にならず、
「本当に困っているんです……」という語り口でいくほうが効果的

「担当の◯◯さんが二言目には“裁判してくれ”と言ってきます……」
「◯◯さんから人間味のない態度ばかりされて非常に困っているんですが……」
「◯◯さんの言動は御社の社内教育にしたがってのことなのでしょうか……?」

担当者の変更や上司の折り返し電話など、具体的な要求を突きつけてもいいですが、例のようなクレームでも
相談室はきちんとヒアリングし、担当者または担当部署の上司に報告してくれるのが普通です。いずれにしろ、
なんらかの改善は見られるでしょう。

「しょせん同じ会社なので部署同士でもみ消されるのでは?」と思うかもしれませんが、企業コンプライアンスの
意味でも他部署からの圧力は無視しにくいものです。




2.『そんぽADRセンター』に相談する!

『そんぽADRセンター』という、日本損害保険協会が運営しているADR(裁判外紛争解决)機関に相談するのも
一つの手です。顧客からの苦情や相談に中立・公正な立場で対応してくれる機関で、全国10地区
(北海道・東北・東京・北陸・中部・近畿・中国・四国・九州・沖縄)に窓口があります。

http://www.sonpo.or.jp/useful/soudan/adr/index.html


ここに電話や書面、または直接面談(事前予約制)し、「こんな担当者がいて困っている」と
申し立ててみましょう。

今回のような、損保の一社員とのトラブルも傾聴してくれるだけでなく、相手方にその内容を通知したうえ、
今後の対応を要請してくれます。

もちろん代理人としてあれこれ交渉してくれるわけではありませんが、
れっきとした業界団体からの取り次ぎということで、保険会社もいい加減な対応はできないことになっています。

ただし当然ですが、常識的に無理がある要求やクレームを一方的にがなり立てていると判断された場合、
相談を受け付けてくれないこともあります。























最近多いのが、過失が微妙な事故の被害を受けた方からの相談です。事故直後・当日では、加害者相手は全額弁償すると
言って平謝りだったのに、後日、相手保険屋が出てきたら、話がガラッと食い違ってしまい、車を直せない!っていう悩みを
頻繁に受けました。 


その中でも、ひどいとしか言いようにないのが、ほんのつい最近、1件ありましてね。

当社の、お客様Mさんが、普通に道路を走っていたら、 
なんと、運転席のドアが開いていて、しかも右足が飛び出していた車が、左脇の建物の敷地から、急発進して飛び出してきた
そうです。



あきらかに、加害者の操作ミス、運転ミス。 なんと左足で操作し、アクセルとブレーキを間違えたそうです。


もちろん、事故した直後は、加害者は、全額弁償すると言っていました。しかし、加害者相手は高齢者。 

被害者のMさんも、大変に人柄が良いお方なので、相手をガーガー攻め立てたりするのは、意に反している為、
後日、あらためて保険屋と話をする事にしました。
  
ところが、後日、加害者損保担当者が電話してきて、一言目には

「お互い動いていますので、両車、どちらにも過失があります。」 と、お決まりの文句。

  
あのねぇ~~保険会社。 お互い動いているのは分かってるんだって。   道路状況以外の、加害者の意見も
きちんと組み込まないと駄目でしょ! 過失修正をきちんと勉強してくださいよ。
  

相手は巨大な会社、お金を貰う立場上、少し劣勢な被害者は、たいてい泣き寝入りです。
結局、あ~でもない、こ~でもないと、 Mさんは、微妙に過失を負わされました。 

そして納得できないMさんは、後日、もう1度、加害者の高齢者に相談しても、
「保険屋の方に、もう話には応じるな、電話にでるなと言われております。」 って言い放ちました。
  
僕と、Mさんは・・・・・・「はぁ?」 
あれだけの事故を引き起こして起きながら、こんな対応しかできない先輩である
高齢者にもがっかりしました。 このやるせない怒り。  どこにもぶつけられません。 


読者のみなさんも、分かる分かるって、うなづいていませんか?
  

もちろん!結果ですが、丸山自動車が適切なアドバイスして、かなり優勢なところまで運んでいきましたので、Mさんは、
過失があるにも関わらず、なんと自分の自動車保険を、一切使わせずに、全て加害者だけの保険で修理しました。

ですが、こんな過失がある事故の時、唯一、 きっちり、さっぱり認めさせる方法があります!

①一筆、誓約書を取らせる。 紙に書いて、認めさせる。
②目撃者をすぐに、見つける!!!!!


これすごく大事です、覚えといて下さい。


そして、過失がある事故のためにかなりの効力を発揮する誓約書なんて作ってみましたよ。(^_^)v
しかも、駐車場内の事故の誓約書も合わせて2パターン作成してみました。
自分の損保会社と、相手との損保会社同士で相談させても、駐車場内の事故は道路交通法が適用できないため、
どんな事故でも、5分5分からのスタートなんです。警察も関与できません。 駐車場内では、10対0なんて過失、ほぼ
ありません。ほとんど泣き寝入りです。


下記が、常務丸山が作成した誓約書になります。拡大させて印刷して仕様してください。 
この印刷した紙を、マイカーの中に保管しておくのがベストです。 そして、いざ、事故になった時に、この誓約書に
事故現場でサインしてもらうようにして下さいね。のちのち、相手の保険会社のプロの担当者が出てきても、スムーズに
事が運びますので。






















































ツイッターの動画再生は  「パソコン OS Windows7以前の Internet Explorer」 は見れません。 safari、クローム等のブラウザで再生して下さい。


   

















































住所 愛知県北名古屋市沖村沖浦95-2


会社固定電話  0568-23-2427   
     
常務直通携帯  080-4309-5968       

解りやすい大きなMAPへ → 


会社固定メール info@carshop-maruyama.com 


常務直通メール carshopmaruyama@gmail.com




































 傷凹み、事故修理で、修理前の見積りを希望される方への注意点



基本、国産車・輸入車の見積りは、ほぼ無料 <下記に条件有り>ですので、いつでもご来店して下さい。 



尚、一部の車種、事故状態の重症さに限り、見積り料が発生する場合がありますので、その場合は、事前にお知らせします。

また、法人系のお車、特に会社から車を借りている営業車の見積りも、有料になる事がありますので、事前にお知らせします。


出張見積りは有料となったり、お断りさせて貰う時もあります。
 


自走不能状態で、どうしても当社に持って来れないお客様は、できるだけ事故車両の写真を多く撮って頂き

メールフォームや、LINEから、できるだけたくさんの写真を送って下さい。





あと、自動車関係の同業者さんによる、事故修理の仕事依頼は、一切受け付けていません。  

特に、中古車販売店の中古車の補修作業。 自分の会社の顧客さんの事故修理下請け依頼等、受け付けません。

保険の個人代理店等の方で、仕事を紹介して、中間マージンを抜くようなやり方の同業者さんも、受け付けません。

ご注意下さい。


丸山自動車は、自社のお客様を1台1台、しっかり真剣に向き合っていますので、他社をサポートする余裕がありません。







既に他社で鈑金塗装をされて、当社に再修理を依頼されようと考えている方へ



「他社の工場で修理したが、奇麗に直っていない、チリがおかしい、塗装の色が合っていない、異音がする等」

他社で作業された、鈑金塗装のクレームの、やり直し依頼は、当社は、一切 受け付けしません。 

必ず、責任を持たせて、その作業をやらせた業者に、再修理をさせるようにお願いします。

また、そのような、他社で作業された再修理の電話相談、メール相談なども、一切受け付けていませんので、ご注意下さい。

丸山自動車は、自社のお客様を1台1台、しっかり真剣に向き合っていますので、他社をサポートする余裕がありません。








  代車の注意事項



ほとんどの傷凹み、事故修理に当てはまる お客様には 「無料」 で、貸出してはおります!

が、しかし、中には、無料で貸し出せないケースもありまして 、条件と、場合によっては貸し出しは、1日4000円の有料
または、「当社の過去の経験から判断」で、貸し出しは、お断りさせて頂く お客様もいます。


更に、別条件として、部品代を除く、工賃が1万円以下
の修理・鈑金に貸し出す代車も、1日、4000円かかります。 
代車有料の方は納期は出来る限り、早く終わらせる努力はしますが、1日で仕上げる保証はできません。
 
代車も数に限りがございますので、誠に勝手ながらどうかお許し下さい。






その他、代車の注意事項


お客様に、どの代車を貸し出すかは、当社の方で独断で決めます。
お客様は、基本、選ぶ事が出来ません!ですが 、「自動車保険」 を使っての板金修理の方は、なるべく、好条件の
代車を貸し出すように努力しております。

万が一の事故に関しては、当社の代車全て、任意保険に加入しておりますが、まず優先的に、
お客様の保険 「他社運転特約」 等を適用させてもらいます。

そして、当社の代車の保険の内容は、対人保険のみです。 ご注意下さい。
車両保険に関しては、加入していない車が大多数ですので、自損事故の場合、すべて実費負担となります。


尚、自動車保険事故の扱いで貸し出す、 「わナンバー」 のレンタカー代車は、上記で貸し出す代車内容とは、一切異なりますので、
詳しい内容は、担当の常務丸山に直接お尋ね下さい。

   
これを見た自動車損保関係の会社の人間や、加害者側の人間は、上記の代車と、「わナンバー代車」 を勝手に混同して
解釈しないように!厳重注意しておきます。




























★ トップページへ

★ キズ・へこみ・事故料金表

★ 事故修理責任者 常務丸山挨拶



★ 知らないと怖い、修復歴とは?


★ 丸山自動車の板金塗装とは?


★ 良い鈑金塗装工場の選び方

★ 作業実演動画公開


★ 保険が使えない・全損と言われて、
   修理が進まないと、お困りの方。



★ 自動車保険・保険修理について


★ 当社紹介・会社概要

★ 職人スタッフ紹介


★ 工場案内・設備紹介

★ 求人募集


★ 常務丸山将宏のアメーバブログ

★ メールフォームで、お問い合わせ


★ 中古パーツを使った修理


★ 自動車の各種ガラス交換

★ 塗装なしの鈑金、デントリペア

★ ボディ コーティング


★ ホイール補修塗装


★ ヘッドライトレンズコーティング
★ シート内装・革リペア



★ カスタム・ドレスアップ例 1
★ カスタム・ドレスアップ例 2

★ カスタム・ドレスアップ例 3



★ 全塗装・オールペン例 1
★ 全塗装・オールペン例 2
★ 全塗装・オールペン例 3
★ 全塗装・オールペン例 4
★ 全塗装・オールペン例 5

★ 全塗装・オールペン例 6


★ メカニック・・整備・専門
         ホームページへ

< 国産車 事故修理例 >

★ レクサス 修理例 1
★ レクサス 修理例 2

★ トヨタ 修理例 1
★ トヨタ 修理例 2
★ トヨタ 修理例 3
★ トヨタ 修理例 4
★ トヨタ 修理例 5
★ トヨタ 修理例 6


★ ニッサン 修理例 1
★ ニッサン 修理例 2
★ ニッサン 修理例 3

★ ホンダ 修理例 1
★ ホンダ 修理例 2

★ マツダ 修理例 1
★ マツダ 修理例 2

★ ダイハツ 修理例 1
★ ダイハツ 修理例 2

★ スズキ 修理例 1
★ スズキ 修理例 2

★ スバル 修理例 1
★ スバル 修理例 2


★ ミツビシ 修理例 1

★ その他 車種 修理例







< 輸入車 事故修理例 >

★ メルセデスベンツ 修理例 1
★ メルセデスベンツ 修理例 2

★ アウディ 修理例 1

★ アウディ 修理例 2

★ フォルクス ワーゲン 修理例 1
★ フォルクス ワーゲン 修理例 2

★ BMW 修理例 1
★ BMW 修理例 2

★ BMW MINI  修理例
★ ポルシェ  修理例

★ ルノー   修理例
★ プジョー  修理例

★ シトロエン 修理例
★ ジャガー 修理例

★ ランドローバー&ロータス 修理例
★ ベントレー 修理例

★ ボルボ 修理例
 
★ テスラ 修理例
★ アメ車 全車種 修理例

★ フィアット&アバルト 修理例

★ アルファロメオ 修理例 1
★ アルファロメオ 修理例 2


★ フェラーリ 修理例

★ マセラティ 修理例














名古屋市(北区、守山区、中区、中村区、西区、東区、千種区、名東区、熱田区、昭和区、天白区、中川区、
瑞穂区、緑区、港区、南区)津島市、愛西市、弥富市、蟹江町、一宮市、稲沢市 、清須市、北名古屋市、
春日井市、犬山市、江南市、小牧市、岩倉市、瀬戸市、尾張旭市、豊明市、日進市、長久手市、四日市市
半田市、常滑市、東海市、大府市、知多市、 豊田市、三好町、 岡崎市、碧南市、刈谷市、鈴鹿市、
安城市、知立市、高浜市、西尾市、新城市、豊川市、蒲郡市、豊橋市、田原市、恵那市、大垣市、津市、
海津市、各務原市、可児市、岐阜市、郡上市、下呂市、関市、多治見市、土岐市、桑名市
中津川市、羽島市、瑞穂市、美濃加茂市、美濃市、本巣市、山県市、伊賀市、いなべ市、





中古車販売、注文販売・車検・事故修理・メカニック・様々な愛車に関するお問い合わせは全て、丸山自動車へ
TEL:0568-23-2427      E-mail:info@carshop-maruyama.comまで
Copyright (C) 2008-2018     Total Carshop Maruyama- All Rights Reserved.

今日sweet candy 無料カウンタ      昨日sweet candy 無料カウンタ     合計sweet candy 無料カウンタ